ルモンドブリエのデビューは2022年10月16日。

阪神競馬場の芝2000m。

1人気で1着でした。

父はエピファネイア。

ちなみに直近7年の日本ダービー馬のデビュー戦は芝1800m以上 ...

フライヤートゥルーのデビューは2022年08月27日。

新潟競馬場の芝1800m。

3人気で1着でした。

父はリアルスティール。

ちなみに直近7年の日本ダービー馬のデビュー戦は芝1800 ...

ダノンペドロのデビューは2022年10月02日。

中京競馬場の芝2000m。

3人気で1着でした。

父はサトノダイヤモンド。

ちなみに直近7年の日本ダービー馬のデビュー戦は芝1800m以 ...

ヒシルリアンのデビューは2022年08月14日。

新潟競馬場の芝1800m。

3人気で1着でした。

父はキズナ。

ちなみに直近7年の日本ダービー馬のデビュー戦は芝1800m以上。 ...

福島記念(G3)への出走を予定しているヴァンケドミンゴ。

父はルーラーシップ、BMS(母の父)はアグネスタキオンですが、

3歳の夏以降にもなれば、血統云々に関係なく個体としての距離適性がより明確になってきます。 ...

マイルチャンピオンS(G1)への出走を予定しているジャスティンカフェ。

父はエピファネイア、BMS(母の父)はワークフォースですが、

3歳の夏以降にもなれば、血統云々に関係なく個体としての距離適性がより明確にな ...

アルゼンチン共和国杯(G2)への出走を予定しているボスジラ。

父はディープインパクト、BMS(母の父)はMr. Greeleyですが、

3歳の夏以降にもなれば、血統云々に関係なく個体としての距離適性がより明確に ...

エリザベス女王杯(G1)への出走を予定しているデアリングタクト。

父はエピファネイア、BMS(母の父)はキングカメハメハですが、

3歳の夏以降にもなれば、血統云々に関係なく個体としての距離適性がより明確になって ...

アロマデローサのデビューは2022年07月10日。

小倉競馬場の芝1200m。

2人気で1着。

直近の戦績は2022/09/17、中京競馬場で行われたききょうステークス 1400mに出走。15頭中2 ...

アルゼンチン共和国杯(G2)への出走を予定しているマイネルファンロン。

父はステイゴールド、BMS(母の父)はロージズインメイ Roses in May ですが、

3歳の夏以降にもなれば、血統云々に関係なく個体 ...

天皇賞(秋)(G1)への出走を予定しているジオグリフ。

父はドレフォン、BMS(母の父)はキングカメハメハですが、

3歳の夏以降にもなれば、血統云々に関係なく個体としての距離適性がより明確になってきます。

ドウデュースを含む過去7頭のダービー馬のデビュー戦の戦績とコメントを見ると、巡り合わせの良さ、その時点における競争馬としての完成度の高さがわかります。

現代の競馬において、デビュー時点で気性面の問題や、馬体の緩さ(成熟の遅 ...

シャフリヤールを含む過去7頭のダービー馬のデビュー戦の戦績とコメントを見ると、巡り合わせの良さ、その時点における競争馬としての完成度の高さがわかります。

現代の競馬において、デビュー時点で気性面の問題や、馬体の緩さ(成熟の ...

コントレイルを含む過去7頭のダービー馬のデビュー戦の戦績とコメントを見ると、巡り合わせの良さ、その時点における競争馬としての完成度の高さがわかります。

現代の競馬において、デビュー時点で気性面の問題や、馬体の緩さ(成熟の遅 ...

ワグネリアンを含む過去7頭のダービー馬のデビュー戦の戦績とコメントを見ると、巡り合わせの良さ、その時点における競争馬としての完成度の高さがわかります。

現代の競馬において、デビュー時点で気性面の問題や、馬体の緩さ(成熟の遅 ...

ロジャーバローズを含む過去7頭のダービー馬のデビュー戦の戦績とコメントを見ると、巡り合わせの良さ、その時点における競争馬としての完成度の高さがわかります。

現代の競馬において、デビュー時点で気性面の問題や、馬体の緩さ(成熟 ...